セカンドカー 割引

セカンドカー割引の条件@2台目の自動車保険

 

セカンドカー割引のある自動車保険を比較する方法

セカンドカー 割引

2台目 割引

セカンド  割引

保険 セカンドカー 割引

自動車 セカンドカー 割引

 

今や自動車は、1人に1台も当たり前の時代です。

 

2台目の車を購入したとき、自動車保険にはセカンドカー割引が使える場合があります。
セカンドカー割引が適用される条件は、まず1台目がノンフリート11等級以上であることです。
ほかにもいくつか条件がありますが、セカンドカー割引は、保険料が高めの若い人には魅力的です。

 

セカンドカー割引が使えるかどうか知りたい、さらにできるだけ安い自動車保険をお探しでしたら、自動車保険一括見積もりをご利用ください。

 

 

何度も入力する手間が省けて便利、もちろん見積もりは無料です。

 

同居であれば1台目は旦那様用で、2台目は奥様やお子様が運転する車でもセカンドカー割引が適用できます。
保険料がかなり違いますので、2台目の車が初めて自動車保険に入る場合は必ずチェックしてくださいね。

 

自動車保険はもしもの場合に備える保険ですが、ほとんどの方が保険を使うことなく1年を終えます。
当然払い戻しはありませんので、保険料が勿体ない・・・と感じていませんか?

 

セカンドカーを所有するなら自動車保険料が安いことは重要です。
できるだけ車の維持費は安くしたいですね。

 

 

 

 

自動車任意保険の補償

 

任意保険 補償

 

自動車保険の説明を読むと専門用語が多くてわかりにくいですが、ポイントを抑えるとわかりやすくなります。
簡単に説明いたします。

 

自動車任意保険には大きく分けて、4種類の補償があります。
1)対人賠償 2)対物賠償 3)人身傷害 4)車両保険の4つです。

 

1)対人賠償:契約車両で他人を怪我・傷害・死亡させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手の治療費や慰謝料などを補償。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

2)対物賠償:契約車両で車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。 

 

3)人身傷害:契約車両に乗車中の自分・同乗者が事故で怪我・傷害・死亡した時、過失割合に関係なく実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

4)車両保険:契約車両が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。
契約時に設定した保険金額が上限。
補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」があり、保険料が異なります。

 

これだけでは不十分だと感じたら、上乗せや特約などを付加して自分のピッタリの任意保険にすることができます。

 

保険会社によっては特約がもともとついているものもありますので、重複していないかしっかり内容を確認してくださいね。

 

任意保険 ネット おすすめ 自動車保険 2台目 割引 栃木 引越し業者 自動車 保険 値段 自動車保険 年間 相場